電話で申し込もう

看護師

レーザー除去が一般的

その人の魅力を引き立てるようなほくろというのは、それほど多くはなく、大きく膨らむなどして顔で存在感を増すほくろは厄介者になりがちです。仙台で除去を考えるなら、美容外科を選ぶといいかもしれません。大きなほくろの場合は、メスを使った手術が第一選択になるからです。仙台の美容外科は受診前に予約が必要な場合が多いため、電話等で確認してください。カウンセリングでほくろの状態を観察して施術方法が決まるものの、大体5mm未満なら電気分解法かレーザー施術で、5mm以上なら手術となります。手術はカウンセリング当日に行うのは難しいかもしれませんが、それ以外の治療は当日でも可能です。基本的に美容外科は自費診療を行うクリニックなので、保険証を持って行く必要はありません。当日施術になった場合はある程度まとまった金額を支払うことになるかもしれませんから、現金かクレジットカードの用意を忘れないようにします。幅広いカード会社に対応しているはずですが、事前にカードの利用ができるか確認しておくと安心です。仙台の美容外科では、小さいほくろは炭酸ガスレーザーやエルビウムヤグレーザーで、大きいほくろは切除法と言う手術で取ることが多いです。レーザーで大きな腫瘍を一度に削ろうとすると跡が残る可能性が高く、さらに根を残してしまうと再びほくろとして育ってしまう可能性がゼロではありません。そこで大きなものは切除法が一番、ということになっているのです。ほくろは黒かったり茶色かったりしますが、多くの場合色素に反応して削るレーザーではなく、水分に反応して削るタイプのものが使用されます。これはシミと違ってほくろの水分量が他の皮膚よりも多く、水分が多い腫瘍だけをピンポイントに削れるという利点があるからです。ただ、仙台の美容外科ごとにレーザーに対する考え方や知識が異なり、様々な種類のレーザー機器を併用して除去する場合や、大きなほくろでも回数をかけて除去する場合もあります。どの方法が正しいとは一概に言えないので、まずはカウンセリングでしっかりと説明してもらうことが大切になるでしょう。

Copyright© 2018 美容外科で提供されている施術【永久的な効果を求める】 All Rights Reserved.